水仙編

<1月10日~1月24日>

今が見ごろの水仙をテーマにお送りします。

20170110_001

foot

■スペシャルオリンピックス日本・福井のメンバーと水仙刈りイベント
(福井水仙ロータリークラブ)

20170110_002

福井水仙ロータリークラブの皆さんは、
団体名に水仙がついていることから、
冬に水仙刈りのイベントを
越前町で毎年行っています。
今回は、スペシャルオリンピックス日本・福井の
みなさんを招いて開催。
スペシャルオリンピックスとは、
知的障がいをもった人たちによる
オリンピックなのだそうです。

foot


■波が美しい 冬の日本海

20170110_003

次に、越廼地区にやってきました。
荒々しい冬の日本海の波に大興奮!!

foot

■年中水仙の花を楽しめる水仙ドーム

20170110_004

そしてやってきたのは、
越廼地区の居倉にある水仙ドーム。
ここでは、年中水仙を楽しめるそうです。
今年は、見ごろが例年より一ヵ月早いそう。
通常は2月中がシーズンとききますが、
1月中に見に行ったほうがよいとのことです。

foot


■越廼ふるさと資料館

20170110_005

20170110_006

最後は、水仙ドームから
少しのぼったところにある
ふるさと資料館へ。
越廼村が福井市に合併する少し前にできた施設で、
越廼地区の歴史を残せる場所を・・・と、
作られたそうです。
中にはジオラマや、化石、
そして、明治~昭和初期の頃の暮らしを知り体験できる
場所や物がいっぱいあります。

世界一周編

<12月13日~12月31日>

Yoshiの友達が世界旅行にでかけるということから
世界旅行ってどんなの?と
てくてくチームで話題になりました。
そこで今回は、世界を旅することをテーマに
お送りいたします。

20161213_001

■旅行会社でも世界一周って扱ってるの?

20161213_002

まず、旅行会社に行けば
詳しく教えてくれるだろうということで
大和田にある北陸旅行に行きました。
世界を旅したいのなら
船で行くクルーズがよいということです。

何千人乗せても沈まず、揺れない客船の旅は、
まるで豪華ホテルにが移動しているような
そんな感覚です。

いくらでいけるかな?と価格を聞いてびっくり。
500~1000万円!

それは手が届かない!

ですが、一泊だけとか、日本のみ回るとか
いろんなコースも有るそうで、
それならちょっと贅沢して船旅を楽しめそうと
思いました。

北陸旅行
福井市大和田2-501
0776-57-1200

■これから世界旅行にでかける渡辺さん

20161213_003

それでは次に、
世界旅行に出かける人に話を聞いてみようということで、
インターナショナルクラブへ。
ここは、リポーターYoshiが活動している事務所です。
世界旅行にいく渡辺さんもここで
Yoshiと一緒に国際活動をすることがあるそうで、
ここでお話を聞くことに。
「Yoshiさんは普段どんなことをしているの?」
麗奈リポーターがYoshiにインタビュー。

20161213_004

渡辺さんは、ピースボートという船で旅に出るそうです。
価格は、旅行会社のものよりは比較的お手ごろです。
地球の南を旅するコースで行くそうでう。
南北問題を自分で見てきたいという思いが
渡辺さんにはあるそう。

春ごろ福井に戻ってくるそうです。
そのときにはまたお話を聞きたいですね。

■世界を旅した夏目ご夫婦

20161213_005

最後は、世界を旅した方にインタビュー。
船でもなく、飛行機でもなく、
バスなどを使って旅したそうです。
1年かかって半分。
その後また半分を旅したのだとか。

旅先で撮ったという写真は素敵なものばかりでした。

マンホールカード編

<11月29日~12月13日>

今回は、マンホールカードをもらって
マンホールを探しながらてくてく歩きましたよ。


■福井市下水道部でもらえるマンホールカード

20161129_001

20161129_002

マンホールカードを知っていますか?

マンホールの蓋は
全国各地、自治体ごとに違うデザインがほどこされている
ご当地ものなんですよ。
福井市にもいろいろな模様のマンホールがあります。
マンホールカードに載っているのは、
カラーの不死鳥。
まず、福井市下水道部におじゃまして
マンホールカードをゲット!
下水やマンホールについてお話を聞いたあとは、
カードにあるマンホールを探しに出かけました。

20161129_003

ちゃんと見つけることができました!

■水仙の花が美しいマンホール

20161129_004

不死鳥のマンホールを見た後は、
水仙のマンホールを見に行くことに。
地元の方に、場所を聞くはずが・・・、
カニの販売をしているお店がにぎわっているので
おじゃましちゃいました。
今年のカニは良好!ということです。
・・・が、マンホールの場所は、
地元の人もわからないとのこと。

当たり前すぎる存在で、
皆さん意識してみると言うことは
なかなかないようですね。

しかし、この後すぐみつけることができましたよ。


■四方向にあじさいのマンホール

20161129_005

最後は、あじさいがデザインされたマンホールを探して
酒生地区へ。
しゅうはいとひらがなでマンホールに書かれています。
しゅうはいとは、農業集落排水のことです。
酒生地区や、岡保地区にはたくさんあるそうです。

マンホールは身近にある路上の文化!
マンホールを訪ね歩く根強いファンもいるそうです。
さあ、みなさんもマンホールを探して歩いてみませんか?

てくてく歩こさ
QRコード

Yoshiのブログ

出演リポーター
プロフィール

  • メインリポーター【Yoshi(ヨシ)】
    メインリポーター【Yoshi(ヨシ)】
    諸外国への留学経験を活かし、年齢・性別・国籍を超えた多文化共生などを目指す「International Club」を立ち上げ、代表を務めている。その傍らFCTVコミュニティチャンネルの長寿番組「てくてく歩こさ」のメインリポーターを長年担当している。

    アシスタントリポーター 【吉田麗奈(よしだれいな)】
    アシスタントリポーター
【吉田麗奈(よしだれいな)】
    これまでにラジオ番組のリポーターや様々なイベントの司会、福井県の観光宣伝隊を務めた経験を持つ。フルリポート式のTV番組は初挑戦だが、「Yoshiさんに負けないぐらいのリポートを目指します!」と意気込む♪特技は手芸で甥っ子の入園グッズなども作ったこともあり家庭的な一面も♥