« 夏の楽しみ体感編(Part2) | メイン | Yoshiの気になる新カフェ編 »

あわら市細呂木地区編

<9月10日~9月24日>

今回のてくてく歩こさは、田園や越前柿畑が広がるあわら市細呂木(ほそろぎ)地区に訪れました!

Still0908_00001
■細呂木地区住民に突撃インタビュー!

Still0908_00000
畑仕事をしていたおとうさん。いきなりインタビューさせてもらい細呂木地区の特徴や昔話など色々と聞かせていただきました!

■知る人ぞ知る!鉄道写真撮影スポット

Still0908_00002
細呂木地区には鉄道が走っており、鉄道写真愛好者にとって有名な撮影スポットがあると聞いたのでJR北陸本線細呂木駅へ。

Still0908_00003
カメラを持参したYoshiは早速シャッターをバッシャバシャ!!

聞くところによると、細呂木駅付近の鉄道は緩やかなカーブとなっているため車体全体が撮影できて人気が高いんだとか・・・

電車が通り過ぎる迫力ある瞬間を撮影すると大興奮!鉄道写真の魅力に一歩迫ることができた・・・かも☆

■細呂木地区に最先端な霊園

Still0908_00004
細呂木地区内をてくてく歩いていると、真新しいまるでホテルのような建物が!

「あわらの郷(さと)」という看板が掲げられている建物の中に入ってみると、なんとそこは今年6月にオープンしたばかりだという国際霊園でした。

Still0908_00005

Still0908_00006
全天候型で、納骨されている厨子(ずし)が全自動で礼拝堂に現れ参拝できます。

またインターネットでの参拝もでき、まさにハイテク☆ 身体が不自由な人やなかなか参拝に出向けない人にとっては重宝されそうなシステムですね。

【国際霊園 あわらの郷】

住所:あわら市細呂木59-1-2

電話:0776-75-2594

■郷土工芸品「越前鬼瓦」

Still0908_00007
続いてYoshiが訪れたのは、地区内にある「越前鬼瓦工房」。

名前のとおり、「越前鬼瓦工房」はおよそ30年前から越前鬼瓦を作り続けている鬼師(おにし) 西郡正義(にしごおりまさよし)さんの制作工房。

Still0908_00008

Still0908_00009
細呂木地区は元々瓦作りが盛んな地域でしたが、原料となる粘土が採取できなくなったため瓦産業が衰退したこと。それでも尚瓦を作り続ける理由といった様々なお話しを聞かせていただきました。

【越前鬼瓦工房】

※制作依頼の受付

電話:0776-75-2068

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.mitelog.jp/t/trackback/7867/31825849

あわら市細呂木地区編を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

てくてく歩こさ
QRコード

Yoshiのブログ

出演リポーター
プロフィール

  • メインリポーター【Yoshi(ヨシ)】
    メインリポーター【Yoshi(ヨシ)】
    諸外国への留学経験を活かし、年齢・性別・国籍を超えた多文化共生などを目指す「International Club」を立ち上げ、代表を務めている。その傍らFCTVコミュニティチャンネルの長寿番組「てくてく歩こさ」のメインリポーターを長年担当している。

    アシスタントリポーター 【吉田麗奈(よしだれいな)】
    アシスタントリポーター
【吉田麗奈(よしだれいな)】
    これまでにラジオ番組のリポーターや様々なイベントの司会、福井県の観光宣伝隊を務めた経験を持つ。フルリポート式のTV番組は初挑戦だが、「Yoshiさんに負けないぐらいのリポートを目指します!」と意気込む♪特技は手芸で甥っ子の入園グッズなども作ったこともあり家庭的な一面も♥