« 2016年9月 | メイン | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月16日 (日)

真菰筍の天ぷら・真菰筍のお吸い物

10月16日から放送の「とれたて つくりたて」。
今回は、福井市の前川晃一さんが栽培している「真菰筍」を提供してくださいました。

講師は、前川晃一さんの奥様でマクロビオティックを取り入れた料理教室を開いているまえがわつかささんです。
真菰筍をたっぷり使った美容と健康に良いレシピをご紹介しています。

00000000

まえがわつかささんの紹介してくれたレシピはこちら。
「真菰筍の天ぷら」「真菰筍のお吸い物」それにもう一品「真菰筍のにぎり」です。
たくさん作っていただいたのですが、番組では時間が足りず2品しかご紹介できませんでした。すみません!

その代わり、HPにて「真菰筍のにぎり」のレシピは公開しますよ~!

00000000_2

ん~とっても美味しそう!!
真菰筍のきのこのような食感に似た歯ごたえと、体に良いものを使用しているため、とっても優しい味に仕上がっています。


【真菰筍の天ぷら】
■材料(4人分)

00000000_3

真菰筍(前川晃一さん) 4本

地粉(全粒粉) 1カップ
自然塩 少々
冷水 約1カップ

揚げ油(なたね油、米油など) 適量

大根おろし 適量
おろし生姜 適量
しょうゆ 適量


■つくり方

1.真菰筍の皮を剥いてスライスにカットする
 緑の部分は剥いて、白い部分のみ食べられる

00000000_4

2.ボウルに地粉と自然塩を入れ、冷水を加えて混ぜる
 サックリと混ぜるようにする

00000000_5

3.180度に熱した鍋に油を入れて、真菰筍に衣をつけて揚げる
 油はなたね油、米油などがオススメ

00000000_6

4.1分程度で裏返して両面を揚げる
 油は鍋の半分以下にするとカリッと揚がる

00000000_7

5.油はよく切って完成
 10回程度は振って油をよく切ると良い

00000000_8

 

【真菰筍のお吸い物】
■材料(4人分)

00000000_9

真菰筍 1本
水 4カップ
わかめ 10g
ネギ 適量
自然塩 適量
しょうゆ 適量


■つくり方
1.水の入った鍋に短冊切りにした真菰筍を入れ、中火で炊く(15分程度)

00000000_10

2.塩抜きし、カットしたわかめとネギを入れる

00000000_11

3.自然塩としょうゆを加え、ひと煮立ちしたら出来上がり

00000000_12





【真菰筍のにぎり】
■材料(4人分)

玄米 3カップを炊いたもの
真菰筍 4本
しょうゆ 適量
おろし生姜 適量
とろろ昆布 1袋
紅生姜 適量


■つくり方

1.ととろ昆布はひも状にこよる(にぎりの数の本数を用意する)
2.玄米は一口大の大きさに握る
3.真菰筍の皮を剥いてスライスする
4.フライパンに真菰筍を入れソテーし、両面を焼く
5.生姜醤油で味付けし、バットに取り、冷ます
6.にぎりの上に真菰筍のソテーをのせる
7.紅生姜を添えて仕上げる


【レシピ考案】
Happy Macrobiotic.
甘い野菜のスープの会 福井支部長
まえがわつかさ(Angel)
→毎月1回マクロビオティック教室を開催中

 
■食材提供
前川晃一さん

食材名:真菰筍
住所:福井市中毘沙門町(毘沙門橋南側の圃場で期間限定無人販売中)
電話:090-1987-4423(まえがわつかささん)

次回の「とれたて つくりたて」は、11月1日更新。
「大根と鶏手羽元のエスニック煮込み」に挑戦します。

2016年10月 1日 (土)

美山ひらたけの春巻き

10月1日から放送の「とれたて つくりたて」。
今回は、福井市間戸町の東藤寛治さんが栽培している「美山ひらたけ」を提供してくださいました。

講師は、天谷調理製菓専門学校の天谷豪志先生です。
この時期から鍋の材料などにおすすめの美山ひらたけを使ったレシピになっています。

00000000_11

先生の紹介してくれたレシピはこちら。
「美山ひらたけの春巻き」です。

00000000_12

春巻きの中に生ハムとチーズ!?
美山ひらたけがた~っぷり入った斬新な一品になっています。


■材料(6本分)

00000000_13

美山ひらたけ(東藤寛治さん) 160g
スライスチーズ 3枚
生ハム 6枚
春巻きの皮(小) 6枚

濃口しょうゆ 小さじ1
みりん 小さじ1
酒 大さじ1
おろし生姜 少々
おろしにんにく 少々

サラダ油 大さじ2
水溶き小麦粉 適量


■つくり方

1.美山ひらたけは石づきを取り除き、荒みじん切りにする

00000000_14

2.フライパンに油をひき、強火で美山ひらたけを炒める
  ひらたけがベタつかないためにも強火であまり触らず手数を少なく混ぜる

00000000_15

3.濃口しょうゆ、酒、みりん、おろし生姜、おろしにんにくを加える
  水分を飛ばすように混ぜると良い

00000000_16

4.別の容器に移して粗熱をとる

00000000_17

5.皮の上に生ハム・チーズ・美山ひらたけを置き包む
  端の部分は水溶き小麦粉を塗ってとめる

00000000_18

6.包んだ春巻きを色づくまで揚げる
  最初は低温で揚げはじめ、徐々に温度を上げて揚げていく

00000000_19

 

 
■食材提供
東藤寛治さん

食材名:美山ひらたけ
住所:福井市間戸町16-7
電話:0776-90-1002

次回の「とれたて つくりたて」は、10月16日更新。
「真菰筍の天ぷら」と「真菰筍のお吸い物」に挑戦します。