一乗谷朝倉氏遺跡資料館

一乗谷は戦国大名 朝倉氏が城下町を築き、およそ100年にわたって栄華を極めた地。278ヘクタールという広大な範囲が特別史跡に、その中の4つの庭園が特別名勝に、そしておよそ3000点の出土品が重要文化財にと三重指定を受けている貴重な遺跡です。資料館にはその遺跡から出土した遺物が多数展示されています。

00000000

館の方にお話をお聞きしながら見て回りましたが、興味深いものばかり。朝倉氏は雅な生活を送っていたということは、なんとなく聞いたことがありますが、戦いを繰り返していた戦国武将としての一面もみることができました。なんと鉄砲の部品も出土しているんですよ!!!

00000000_2

展示品を見にいくだけでも価値がありますが、お話を伺ってからだと、さらに楽しめます。ぜひ動画もご覧になってみてください。

 

あわらの古刹 龍澤寺

00000000

龍澤寺(あわら市御簾尾10-12)を訪ねました。

庭はあわら市の文化財に指定されています。

Photo

池があるのは江戸時代に作られた庭。

Photo_2

枯山水の庭はなんと室町時代のものだそうです。

これらの庭の特徴について、また現在、あわら市郷土歴史資料館で開催中(2016年12月4日まで)の開祖 梅山聞本(ばいざんもんほん)禅師600回大遠忌記念 龍澤寺宝物展の展示品について、学芸員さんに説明していただきました。ぜひ動画もお楽しみください。

 

ふくい散策 QRコード