放送時間

  • 毎月1日更新
    【放送時間】
     月 
    19:30~、23:00~
     火~土 
    7:30~、12:10~、18:30~、23:00~
     日 
    8:00~、12:30~、18:30~、23:00~
     【番組への情報提供】 
    こちらのフォームからご応募ください。

2022年8月16日 (火)

8月 後編 「健康スペシャル 脳卒中編」

00000000

年齢を重ねるたびに、健康の大切さ、身に染みて感じませんか?今回は、誰がいつ発症
してもおかしくない病気、脳卒中を特集します。

00000000_2



脳卒中。よく耳にする病名ですが、どんな病気か知ってますか?
福井県済生会病院 脳神経内科の、山口智久先生に、詳しく教えていただきました。

00000000_3


 
では、脳卒中になると、実際どうなるのでしょうか?4年前に脳出血を体験された 
旅館 こばせの5代目館主 長谷裕司さんにお話をうかがいました。

https://www.kobase.co.jp/

00000000_4



大切なのは早期の治療。早く病院に行くことで治療の選択肢が増え、[
場合によっては 症状が緩和されることがあるそうです。
脳卒中を見極め、1秒でも早く病院へ来る方法として「FAST」を紹介しました。

00000000_5



脳卒中についての詳しい情報は、福井県済生会病院のHPでも紹介されています。
ぜひチェックしてくださいね。

https://www.fukui-saiseikai.com/about/movie/strokecareunit.html

2022年8月 1日 (月)

8月 前編 「福井のよいとこ再確認」

00000000



8月は、お盆にかけて帰省のシーズン。
久しぶりに会う人たちと楽しい時間を過ごすため、いろいろ準備したいもの。
これを機会に、福井のよいもの 再確認しませんか?


http://www.happiring.com/

00000000_2



ハピリン2階にある 福福館。
奥には、おもてなしにとってもよろこばれると評判の、郷土料理の専門店があるんです。

https://www.fukubukukan.com/

00000000_3



冷凍技術の発達で、1年中カニを食べることができます。 
越前ずわいがに丼は、通年の人気メニュー。
ずわいがに1杯分の身を贅沢に使用した、どんぶり!!
大切なあの人のためのスペシャルメニュー。

00000000_4



福井の郷土料理が一堂に会した 竹田油あげ定食も人気です。
全部がいっぺんに食べられるのって、なんだかうれしい・・・。

00000000_5



次に気になるのは、お土産。
専門店のかゞみやで、最近のおすすめを聞いてみました。

https://www.kagamiya.co.jp/

00000000_6



社長のセレクトのうまいものセットも紹介してます。

00000000_7



5階のセーレンプラネットからは、プラネタリウムのイベントを紹介してます。
スズムシの鳴き声とともに、夏の大三角形をながめる、素敵なひととき。
大人の夏やすみにぴったりのイベントです。

https://www.fukui-planet.com/

2022年7月16日 (土)

7月 後編 「夏のおでかけ 熊川宿編」

00000000_2

およそ1kmの街道沿いに、美しい建物が連なる熊川宿。
この古民家を若い人たちがリノベーションして、
カフェや雑貨屋さんなど、新しい風を街並みに吹き込んでいます。

00000000_3



築150年の建物をリノベした 陶芸工房 若州窯 を訪ねました。

http://www.jakusyu.com/

00000000_4



作家の飛永なをさん
熊川宿は、新しいチャレンジができる場所。
クリエーターが集まり、どんどん面白い街になっています

00000000_5



熊川といえば、葛と鯖。
まる志んは、葛と鯖寿司の専門店。歴史ある味わいを楽しみました。

http://www.eonet.ne.jp/~marushin/

00000000_6



古民家を活かした宿が人気だそう。
4棟ある建物のひとつ、「土蔵のお宿・やまね」に案内していただきました。

https://yao-kumagawa.com/stay/yamane/

00000000_7



東京の蔵前にあるコーヒーショップが熊川宿にやってきました。
こだわりの1杯をぜひ。

00000000_8



街道の入り口にある、道の駅 若狭熊川宿。
お土産を買って帰りました。

2022年7月 1日 (金)

7月 前編 「夏のおでかけ 高浜町編」

Photo

高浜町といえば、海のイメージですが、里山で育つ薬草事業にも力を入れているの、ご存じですか?

Photo_2

自生する薬草の数の多さが日本有数の山青葉山。そのふもとにあるハーバルビレッジでは、薬草やハーブに特化した「食」や「体験」が楽しめるんです。http://www.herbal-village.jp/

Photo_3

生活習慣病が気になる方におすすめの薬膳茶作りにロケットさんが挑戦しました。

Photo_4

619年に聖徳太子によって創建されたと伝えられる、福井県最古の寺 馬居寺を訪ねました。高浜のパワースポットととして、多くの人々が参拝に訪れるお寺です。https://wakasa-takahama.jp/spot/magoji/

Photo_5

名前はユニークだけど、ミシュランプレートを獲得したお店、ブルーライトヨコヤマ。シェフ一押しの自家製麺のタヤリンランチをいただきました。インスタで検索 ブルーライトヨコヤマ

Photo_6

昨年誕生した、フィッシュマーケット ウミカラ。漁港に隣接した立地を活かした さまざまなコンテンツが人気のスポットです。https://umikara.co.jp/

Photo_7

生簀からすくった魚をその場で調理して食堂で食べることができます。高級魚若狭マハタをいただきました。

Photo_8

山よし、海よし!高浜町の魅力をお届けしました。夏のお出かけの参考になさってください。

2022年6月28日 (火)

6月 後編 「福井駅周辺エリア」

1

再開発で大きく変わりつつある、福井駅周辺エリア。その中に、小さく変わり続ける場所がありました。ロケットさんが訪ねます。

2

新栄商店街。番組では小さな間口の個人商店を数店紹介しています。写真は、思いがけずによい本に出会えるわおん書房。

3

続いてやってきたのは、昭和のビルをリノベーションした「クマゴローカフェ」。日替わり・時間がわりで、店長も内容も変わるおもしろいお店です。フェイスブックで検索 クマゴローカフェ

4

一階にクマゴローカフェが入っているこのビルの名前はニシワキビル。昭和の雰囲気が色濃く残っています。個性的なお店が、他にもたくさんあるそうで、牛久保さんに案内していただきました。

5

本当レコードのお店 「HOSHIDO」。こちらは7月末までの営業となります。8月からはフリーペーパーのお店としてリニューアルするので、SNSでチェックしてくださいねインスタグラムで検索 hoshido.fukui

6

週末だけ開店する「バーこうみんかん」。いろんな人が出会う場所。そんな偶然の出会いが、人生を思いがけない方向に動かしてくれる・・・・かも。インスタグラムで検索 kominkan2.0

7

3階のホールはイベントスペースとしてレンタル受付中。お問い合わせは、クマゴローカフェ内 株式会社舎家までどうぞ。

2022年6月 1日 (水)

6月 前編 「浜町エリア」

00000000

福井市の浜町エリアから、ちょっと気になるお店をご紹介。
夜の街の印象ですが、お昼でもいろいろ楽しめますよ。

00000000_2



古くから愛されてきた品々を、
普段の生活に取り入れる暮らし方を発信するお店 そららギャラリー。
オーナーの加藤ひとみさんに、骨董の楽しみ方を教えていただきました。

https://soraramichikusa.com/

00000000_3


 
加藤さんの感性で集められたモノたち。
モノと人がここで出会い、わくわくが生まれます。
骨董のある暮らし、あなたもいかが?

00000000_4



浜町で30年続くバーを訪ねました。
バーだけど、午後のひと時、アフタヌーンティーが人気だそうです。

00000000_5



驚きの探究心から生まれたアフタヌーンティ。
ひとつひとつに、こだわりが詰まっています。

00000000_6



アフタヌーンティーはお二人様から(おひとりさま3000円)。
2日前までに予約をしてお出かけください。

00000000_7



日々、ディレクターが気になったことやモノを紹介するミニコーナー「director’s eye」。
今回は「庭で見つけた生き物の不思議」を紹介しています。

2022年5月16日 (月)

5月 後編 「布を楽しむ」

00000000

一枚の、布から広がる、新しい世界。
今回は、インドで手作りされた布と、二人の作家さんの特集です。

00000000_2



陶芸村のすぐそばにあるデザインラボチカ。こちらには、インドと深い関わりをもちながら、
オリジナルの布製品をデザインしている作家さんがいるらっしゃいます。

https://www.design-labo-chica.com/

00000000_3


 
インドのおおらかさと力強さを持った自然染めの布。
首や頭に巻いたり、窓辺にかけたり、テーブルに敷いたり・・・。初心者でも楽しめる
使い方を教えていただきました。

00000000_4



インドの布を使った洋服や日傘など、あまりにも素敵で目移りしてしまいます。
陶芸村近くにあるリトルインド。ぜひたずねてみてください。

00000000_5


続いておじゃましたのは、鯖江市にある豆と月。
開放感抜群の締め付けない下着を製作する工房です。

https://mametotsuki.jimdofree.com/

00000000_6



そけい部にゴムがなくて、圧迫感ゼロ。楽なのに、かわいい下着、つけてみませんか?

00000000_7



布ナプキンも取り扱ってます。国内で織り上げた、とても肌触りのよいネル生地を、
生薬でもあるビワの葉で、時間をかけて染めています。

00000000_8



自分のために使うモノ。どうしようかと迷ったときは、カラダの声に耳を澄ませてみてください。

2022年5月 1日 (日)

5月 前編 「魅惑の苔ワールド」

00000000

気がつけば、あらゆるところで目にするコケ。今回は、そんなコケに大接近!
福井市自然史博物館の学芸員・加藤英行さんに「コケ」について色々教えていただきました。

00000000_2



福井が誇る 名勝養浩館庭園。
日本庭園の豊かな環境が、数多くのコケを育みます。
魅惑の苔ワールドを、加藤さんに、じっくりと解説していただきました。

00000000_3


 
普段の上から目線だと、ただの緑色ですが、
よーく見ると、コケにはいろんな種類があるんです。

00000000_4



ルーペでじっくり観察。
ミクロな大自然が見えてきて、普段の景色がとても新鮮。

加藤さん:コケ目線で、じっくりみてください。

00000000_5



オトナリサンポのコーナーでは、5月のお散歩にぴったりの、
福井市自然史博物館と養浩館庭園を紹介しています。

4月 後編 「昭和から愛されるお店」

00000000

長く愛されるお店には、いろいろなドラマがあります。
昭和から令和に受け継がれた心の味。ロケットさんがお届けします。

00000000_2



創業は昭和53年。
当時、子供たちにとって、特別な場所だった、町の洋食屋さん、グリルラセール。
初代の元で修行したご主人が、味と心をしっかりと受け継いでいます。

https://www.grill-lasserre5048.com/

00000000_3


 ハンバーグのチーズ焼きセット 980円
ロケット少年が大好きだったハンバーグ。
今もメニューに残っていました。


使うのは、国産の牛と豚のすね肉。
細かい筋(すじ)が多く、とても扱いにくい部位ですが、
ひき肉にしたとたん、他を圧倒するコクと旨味が出てくるんですって。

00000000_4



ロケットさんの感想
丁寧な仕事がすごくよくわかる・・・。
あのころは、何もわからずにバクバク食べていたんだろうなー。

00000000_5



まわりの風景に溶け込んでいる コーヒーハウス モーガン。
こちらの創業は、45年前。
しばらくお休みしていましたが、昨年12月、再びオープンしました。

インスタで検索 コーヒーハウス モーガン

00000000_6



あの頃の懐かしい雰囲気が店内に溢れています。

00000000_7



コーヒー豆は自家焙煎。
今も現役の昭和の焙煎機は、マスターの良き相棒です。

00000000_8



人気メニュー「ナポリタン 550円」
初代ママ(お母様)からの直伝レシピ。

マスターからのお願い
一人でお店を切り盛りしているため、混んでいるときはお料理はお断りすることもあります。どうぞご了承ください。

お客様ファーストのマスターならではの言葉です・・・・。

00000000_9



チケットボードには、
初代ママ(お母様)、マスター(お父様)、2代目マスター(山崎さん)の3種類のチケットが。

マスター:先代のチケットはそのまま使えるので、お気軽にお越しください。

00000000_10



日々、ディレクターが気になったことやモノを紹介するミニコーナー「director’s eye」。
今回は「たかすオハナ牧場」に、もふもふに会いに行きました。

2022年4月 1日 (金)

4月 前編 「見直しませんか?ゴミの分別」

00000000

毎日のゴミの分別、わかってるつもりでも、疑問に思うこと、ないですか?
今日は、普段感じている「もやもや」を、一気に解消しちゃいましょう。  

00000000_2



まずは、プラごみについてのお勉強。
集めたプラごみを資源に変える会社、
二日市リサイクルセンターの近藤さんに色々教えていただきました。

https://www.fkjc.co.jp/

00000000_3



そもそもプラゴミと言われるものは、「プラスチック容器放送」のこと。
商品を入れたものである容器や、包んだもの、つまり包装であって、
中身の商品を取り出した後、不要となるプラスチック製のものをいいます。

00000000_4



普段迷いがちな、プラごみに関するクイズ問題で勉強しました。

Q:お肉や魚などの包装に使われているラップ。
  これは、プラゴミとして出せる?出せない?さてどっち?

A:商品を包装したものなので、プラごみとして出せます。
 シールはなるべく切り取りましょう。
(※シール部分は普通ゴミです。福井市は燃やせないゴミ/坂井市は燃えるゴミ)
 しかし、ラップは使用すると汚れます。汚れたものは普通ゴミで出してください。

まゆたん:難しいですね・・・。

00000000_5



プラごみ分別の基本は3つ。プラマーク・軽く洗う・バラバラにする です。

まゆたん:できることはしっかりしないとダメですね 今日から頑張ります!

00000000_6



では、普通ゴミはどうなるんでしょう?
福井市とあわら市・坂井市・永平寺町のゴミを処理する、清掃センターを訪ねました。

http://www.fukuisakai-kouiki.jp/

00000000_7



たくさんの収集車によって運ばれてきた燃やせるゴミは、いったんゴミピットに貯められます。
このピットは、6階建のビルくらいの深さがある巨大なもの。
私たちは、こんなにたくさんのゴミを出してしているんですね。

00000000_8



ゴミを減らすためには、やはり分別が大事。
燃やせるゴミの4割が紙類(段ボール・新聞紙)だそうです。
これらは再生可能な資源です。

また、燃やせないゴミに入っているリチウムイオン電池(充電式電池)。
発火したり、爆発したりとても危険です。
不要となったリチウムイオン電池は、家電販売店などに持っていきましょう。

00000000_9



私たちの知らないところで、多くの人たちに支えられている、ゴミの処理
私たちができること、もう一度考えてみませんか?

10



便利なアプリを発見しました。住所を設定すると、その地区のゴミ収集カレンダーが表示されます。
そのほか、迷った時に教えてくれる分別案内やクイズなど、便利で楽しい機能が満載です。
ごみサポで検索してくださいね。