放送時間

  • 毎月1日更新
    【放送時間】
     月 
    19:30~、23:00~
     火~土 
    7:30~、12:10~、18:30~、23:00~
     日 
    8:00~、12:30~、18:30~、23:00~
     【番組への情報提供】 
    こちらのフォームからご応募ください。

2021年12月 1日 (水)

12月 前編 「大人の冬旅 若狭編 前編」

00000000_5

とっておきの「大人の冬旅」をご提案。行き先は、ほどよい距離の「若狭町」。

http://www.wakasa-mikatagoko.jp/

00000000_6



国道27号線から少し山に分け入ると、こんなに静かな空間が。
まずは、三方石観世音。病気平癒のご利益があると伝えられ、
全国からたくさんの方が参拝におとづれる、曹洞宗の観音堂に行ってみました。

http://mikata.main.jp/

00000000_7



本堂にお供えしてある手足形を借り、朝夕、痛むところをさすると治ると信じられてきた。
本堂横の御手足堂には、治癒への感謝や願いを込めて奉納された手足形が。その数、およそ6万点。人々の永くあつい信仰を物語っている

00000000_8



石観音のおとなり。国道沿いにある、曹洞宗の寺院、無位山 臥龍院。
創建はおよそ600年前。永平寺の直轄寺です。
普段、本堂の扉は閉まっていますが、庫裡に一声かければ、お参りさせていただけます

00000000_9



境内の奥に進むと、赤い鳥居が。
神秘的な光景に、足が止まります。 

00000000_10



若狭町にたくさんある、漁師民宿。その名の通り、漁師さんが営む民宿。
ここでは、若狭湾の伝統漁法、大敷網が ほぼ毎日行われています。
朝どれ鮮魚が厨房に直行なんて・・・、これ以上の贅沢ないですよね。

00000000_11



食見(しきみ)海水浴場から、徒歩2分、海沿いにある「若さの宿 きよや」。

http://www.kiyoya.com/

00000000_12



今日は、直行便のお魚と、トラフグ料理が
机に乗り切らないほど並んだ、ふぐ会席をいただきました。

00000000_13



漁師のお宿ならではの、新鮮で豪快なお料理。
心もおなかも大満足でした。
※天候が悪い時は漁はありません。詳しくは各民宿にお問合せください。

http://www.wakasa-mikatagoko.jp/search/#stay

2021年11月16日 (火)

11月 後編 「大野まち歩き 後編」

00000000

さわやかな秋の大野市を散策中。
大野には 地域の特徴あふれるグルメがいっぱい
オトナの散歩を楽しみながら、ちょっと探してみませんか?

00000000_2



大野を代表するおいしいもの といえば まずは「里芋」。
その里芋のフルコースがいただける、素敵なお店を見つけました。

https://www.jurakusen.jp/

00000000_3



数寄屋造りのお座敷でいただく、美味しい里芋のお料理。
秋の深まりを五感で感じられる 素敵なお店でした。

00000000_4



大野にはおいしいお菓子屋さんがたくさんあります。
はしごスイーツという、とってもお得でおいしい企画が開催れています。
ちょっと、はしごでスイーツを楽しんでみました。

https://www.ono-kankou.jp/tourism/detail.php?cd=652

00000000_5



七間通りのパン屋さん、パナデリア。
大野の地下水を使った、ふわふわもっちもちのパンが人気のお店です。

https://ginsei0312.wixsite.com/panaderia-onocity

00000000_6



おすすめは
地元の農家さんがつけた奈良漬とあんこをまぜて作ったあんぱん。

00000000_7



黄色い建物が目印。舞川金花堂
町の人から ながく愛されてきた、老舗のお菓子屋さんです。

http://maikawa-kinkado.com/

00000000_8



ダントツの一番人気はシュークリーム。
こだわりのバターが効いた、コクのあるシュークリームです。

00000000_9



暮らしに お寺の関わりが深い大野には、老舗の和菓子屋さんがたくさんあります。
創業六十年のおさやにおじゃましました。

https://www.ono-kankou.jp/tourism/detail.php?cd=543

00000000_10



おすすめは奥越里芋まんじゅう。
まんじゅうの皮に里芋が入っているそう。お菓子になってもやっぱりおいしい大野の里芋。

11



オトナリ散歩では、大野のシンボル、御清水のオトナリにある まちの駅を紹介しています。

https://www.ono-kankou.jp/tourism/detail.php?cd=667

12



飲食可能な休憩スペース、トイレ、無料Wi-Fi、クラフトマーケット等、
無料休憩所とは思えない、豪華な施設。大野に行ったら、ぜひ。

2021年11月 1日 (月)

11月 前編 「大野まち歩き 前編」

00000000_2

秋も深まる11月。ぶらり散歩に出かけましょう。
行き先は、越前の小京都・大野市。
まずは、大野のシンボル、越前大野城に登ってみました。

https://www.onocastle.net/

00000000_3



11月末まで、6時から開館しています。(12月〜3月は休館)
素敵な一日のスタートに、朝のお散歩、おすすめですよ。

00000000_4



市内にある6つの宿泊施設では、
季節の食材や地元の調味料にこだわった朝食「めぐみごはん」を提供しています。
今回ご紹介したのは、寺町通り近くにある 阿さひ旅館。

htts://www.ono-kankou.jp/tourism/detail.php?cd=330

00000000_5



地元の食材を使い、丁寧に作られた朝ごはん。充実した1日の始まりにいかがですか?
(前日の夕方5時までに要予約)

00000000_6



大野は昔から、芸術家と深い関係を築いてきた、アートの街なんです。
今、おさんぽアートミュージアムという、おもしろいイベントが開催されています。

https://www.ono-kankou.jp/season/detail.php?cd=173

00000000_7



アートの街、大野。市内には、お散歩しながら回れるギャラリーが7箇所もあります。
地図を片手に散策しながら、楽しんでみてくださいね

00000000_8



大野でちょっと不思議な場所を発見。荒島旅舎というユースホステル。
1階は、カフェであったり、バーであったり。いろんな人が集まる場所。

https://www.hafh.com/properties/602

00000000_9



大野市のまちなかで、暮らすように泊まる・・・。
荒島旅舎、オススメですよ。

00000000_10



荒島旅者のおとなりにあるのが、
かわいいモモンガが目印のお店、モモンガコーヒー。

https://www.momongacoffee.com/

00000000_11



コーヒー豆の果実としての甘味を大切にした焙煎。
そして、芳しい香りと深い味わいに、大野の水は欠かせないそう。

00000000_12



オトナリ散歩では、おやつにぴったり、ポルタ5番の「たこやき」を紹介しています。

https://www.ono-kankou.jp/tourism/detail.php?cd=275

00000000_13



材料も作り方も、最初と変わらない、25年間愛され続けたたこ焼き。
あつあつをほおばる幸せをあなたもどうぞ。

2021年10月16日 (土)

10月 後編 「デイキャンプのすすめ」

00000000

さくっと楽しめる「デイキャンプ」に出かけませんか?
大自然の中、思いっきり羽を伸ばして、自分時間を楽しみましょう。

00000000_2
教えていただくのは、アウトドア用品専門ショップのオーナー、中上久範さん。
●最近は、日帰りでアウトドアを楽しむ 「デイキャンプ」が大人気。
●「福井市中央公園でも楽しめる」など、デイキャンパーはじわじわ増えてきています。

00000000_3


中上さんの荷物はこれだけ。
タープとローチェア&テーブル。あとは、ペグ(道具)と食器のみ。
まゆ:ずいぶんコンパクトですね。いつもの私の荷物の10分の1だわ・・・・。

00000000_4


今日はメスティン(箱型のはんごう)で、炊き込みご飯を3種類作ります。
しかも食材は、全部コンビニで買えるもの。
コンロは使わずに、100均の固形燃料で簡単に調理します。

00000000_6


鮭ごはん

材料  無洗米 0.8合
     焼き紅鮭 1パック
作り方
1.米を1合炊のメスティンに入れ、水200ccに15分ひたす
2.紅鮭をのせ、フタをして固形燃料で15分加熱
3.時間が来たら、火から下ろしてタオルにくるみ15分蒸らす

00000000_7



鶏五目ごはん

材料 無洗米 1合
    きんぴらゴボウ 一袋
    焼鳥の缶詰 1缶

作り方
1.米を1.5合炊のメスティンに入れ、水220ccに15分ひたす
2.先に、きんぴらゴボウを広げる
3.その上に、焼鳥缶をタレごと散らす
4.フタをして固形燃料の火が消えるまで(約25分)加熱
5.火が消えたら、タオルにくるみ、お弁当袋に入れて15分蒸らす

00000000_8



ミネストローネごはん

材料  無洗米 1合
     ミネストローネ 一袋
     チョリソー (3〜4本)
     とけるスライスチーズ 2枚

作り方
1.米を1.5合炊のメスティンに入れ、かぶるくらいに水を入れ15分ひたす
2.米をザルに上げて水を切り、1.5合炊のメスティンに戻す
3.ミネストローネを全部入れる
4.水面が取手の上のリベットのあたりに来るまで、水を足す
5.チョリソーを並べる
6.フタをして固形燃料で、火が消えるまで(約25分)加熱
7.火が消えたらフタを開け、チーズを乗せる
8.タオルにくるみ、お弁当袋に入れて15分蒸らす

00000000_9



ご飯の蒸らし時間に、ちゃちゃっとまゆたんがポーチドエッグを作ってくれました。

ポーチドエッグ

材料  たまご 
     お酢 少々
     オリーブオイル
     黒胡椒・塩 少々

作り方
1.お湯を沸騰させて、お酢を少々入れる。
2.お湯を箸やお玉でぐるぐるまぜ、うずを作る。
3.割ったたまごをそーっと入れる。
4.2分半ゆでる
5.たまごを冷水で冷やし、オリーブオイルと黒胡椒&塩をお好みでふる。

00000000_10



準備や後片付けが楽だと、その分時間を有効に使えるデイキャンプ。
リフレッシュにも最適です。

00000000_11



中上さんのお店、福井駅前にあるキャンバスに行ってみました。

https://canvas-jp.net/

00000000_12



スノーピーク製品の査定買い取りと販売を行う リユースショップです。
テントからアパレルまで、幅広い品揃えの中、超お買い得品に出会えるかも。

00000000_13



汚れてしまったテントは、来シーズンも気持ちよく使えるように、しっかりとクリーニングしましょう。乾燥や、撥水加工など、日頃のメンテナンスは、プロに任せるのがおすすめです。ぜひ覗いてみてくださいね。

00000000_14



今回の撮影場所は、福井市伊自良地区。
脳卒中の予防に効果がある天然温泉が人気の里山です。
予約をすれば、地元の野菜をたっぷり使った食事もできます。

https://www.ijira.jp/

2021年10月 1日 (金)

10月前半「秋の空気を胸いっぱいに」

00000000

秋です!ハイキングに出かけませんか?
素敵なアウトドアファッションに身を包み、遠足気分の、ゆる〜い山登り。
秋の空気を胸いっぱいに吸い込んで、リフレッシュしましょう。

00000000_2



何をするにも、まずは格好から。
ここは、コスパ最強のアウトドアウェアで大ヒット中の
ワークマンプラス 福井大島店。

https://www.workman.co.jp/workman-plus

00000000_3



ワークマンの作業着は、過酷な現場が前提。この技術を駆使したウエアは、
秋冬のアウターで本領発揮なんです。おすすめを色々教えていただきました。

00000000_4



これで、上下合わせて五千円以下。コスパ最強と、話題になるのも納得です。
この最新ウエアを身にまとい、これからハイキングに出かけます!

00000000_5



今回のフィールドは、鯖江市にある三床山。
標高279メートルと、初心者でも気軽に楽しめる高さが人気の山なんです。

00000000_6



代表的な登山コースは6種類。
今回は、一番ポピュラーと言われている石生谷トンネルコースを選びました。

00000000_7



小鳥のさえずりを楽しみながら、山道を歩いていくと、
いつの間にか日常の緊張がほぐれていきます。

00000000_8



低山とは思えない景色。天気が良ければ白山が望めます

00000000_9



いろいろハプニングもありましたが・・・、
外で食べるごはんはおいしい!!
今回は、ベーコンとチーズのホットサンド&コーヒー。

10


番組でまゆたんが、かけていたサングラスを一名様にプレゼントします。
〒住所・氏名・電話番号・年齢・今回のオトナリ「秋の空気を胸いっぱいに」を観た感想をご記入の上、
ご応募ください。10月18日(水)必着です!

〒910-0804
福井高木中央2丁目2528
福井ケーブルテレビ 高木スタジオ
「オトナリ プレゼント」係

*収集した個人情報はプレゼントの抽選以外には使用いたしません

2021年9月16日 (木)

9月 後編 「夏の疲れをリフレッシュ」

00000000



疲れた時に欲しくなるのが甘いもの。どうせ取るなら、
ビタミンや酵素がたっぷりおぎなえるフルーツがいいですよね。 
福井市中央卸売市場の敷地内にある、ふくい鮮いちばにやってきました。

http://www.fukui-market.jp/guide/senichiba.php

00000000_2



フルーツラボ手摘屋さんの、フルーツを使ったジュースやジェラートが、いま大人気なんです。
一番美味しい時に瞬間冷凍したフルーツのフレッシュジュースは超おすすめ。
(スイカ:250円)

00000000_3



ちょっとの傷で売り物にならないフルーツは、ジェラートに。現在、営業は土曜日のみ。
専門店ならではのおいしさで、夏の疲れをリフレッシュしませんか?

00000000_4



創業は江戸時代。老舗の蔵元、田嶋酒造を訪ねました。
今日のお目当ては、保湿力の高さなど、最近注目されている日本酒コスメ。

https://www.fukuchitose.com/

00000000_5



全ての商品が、無着色・無香料・防腐剤無添加。
お肌が揺らぎやすいお年頃に、リピーターが多いそうですよ。
日本酒コスメのフルラインセットを一名様にプレゼントします。
詳しい応募方法は、番組を見てくださいね。

00000000_6



もう一品、夏の疲れにぴったりの商品が。
福井の美味しい水ともち米(福井市産)を使った酒蔵仕込みの本みりんです。

00000000_7

ハチミツのような上品な甘さが特徴。昔ながらの製造法で作った自信作です。
ご主人いちおしの「みりんレモン」を作っていただきました。
まゆたん:ほんとに、お酒?いくらでも飲めちゃう・・・。

00000000_8



夏の疲れのリフレッシュ法、漢方の考え方を教えていただきました。

https://iwanami-p.com/

00000000_9



漢方では、エネルギー不足・体の乾燥・胃腸の弱りなどが、夏の後遺症としてでてくるそうです。

00000000_10



おすすめは「山芋粥」
疲れた胃腸には、ご飯よりもおかゆがおすすめ。
この季節にぴったりの食材、山芋を入れたおかゆの作り方を教えていただきました。

山芋粥 (一人前)
材料:米大さじ3  水350cc  山芋70g 黒ゴマ・塩 少々

作り方
1、米と水を鍋に入れて20分置く。

00000000_11

2、その間に、山芋を1cm角のさいの目切りにする

00000000_12

3、弱火にかけて、吹きこぼれないように時々かき混ぜながら、沸騰させる

00000000_13

4、沸騰したらトロ火にして、蓋をずらして15分。  

00000000_14

5、山芋を加え、軽くかき混ぜる。

00000000_15

6、火を止め、10分蒸らす。

00000000_16

7、お好みで黒ゴマ・塩をふりかける。

00000000_17

2021年9月 2日 (木)

9月 前編 「銭湯でリフレッシュ」

00000000



今回のオトナリは、まさに大人の癒し空間、
レトロな銭湯の魅力を、たっぷりご紹介します。

00000000_2



創業から80年。ずーっと地域の人々に愛されてきた、
街の銭湯、松葉湯をたずねました。

https://www.facebook.com/matubayu

00000000_3



毎週日曜日は、「替わり湯サービス」で色々はお湯を楽しめます。
撮影日は、ヨモギ&ドクダミ湯でした。生薬の力でお肌は爽快!

00000000_4



足羽山のふもとにある、いづみ湯。緑をバックに、
ここで60年以上、営業されています。
見上げると、煙突から煙が・・・。
こちらは福井市内で唯一、薪でお湯を沸かしている銭湯なんです。

http://www.1010fukui.jp/se-idumiyu.html

00000000_5



色々なところからいただく廃材を利用してお湯を沸かしています。
夏場は暑くて大変だそうです。

00000000_6



現在は週末だけの営業。
時間帯も午後3時から夕方6時半までとかなり短いので、ねらって行きましょう。
詳しい営業日のお知らせは、Facebookでいづみ湯を検索してくださいね。

00000000_7



越前市で唯一の銭湯となった、城勝湯。
こちらは、いったん廃業した銭湯を、福井工業大学の学生さん達が、
街づくりの研究をしながら、2018年に復活させた銭湯なんです。


https://www.machiyoku.info/jokatsuyu

00000000_8



昭和の風情が色濃く残る城勝湯。
ひろびろとした浴槽とたっぷりのお湯で感じる 爽快感。 
体の疲れだけでなく、心の疲れも、吹き飛びます。

00000000_9



ちなみに番頭さんの下中雄一さんは、最初からプロジェクトに参加してきましたが、
いよいよ来春、大学を卒業し、就職へ。
城勝湯の運営をお手伝いしてくださる方、大募集だそうですよ。興味のある方はぜひ!

00000000_10



寄り道その①は、買い食いの王道、お肉屋さんのコロッケ。
足羽山の藤島神社近くにある佐藤精肉店では、A5ランクのお肉を使った揚げたてコロッケが大人気。

00000000_11



ころもが細かくて、外はカリカリ・中はホクホク。
ロケットさん:何個でもいける・・・・。

00000000_12



寄り道その②は、福井のお菓子、あべかわ餅。
藤島神社の鳥居オトナリ 創業130年のかわせ餅に寄り道しました。


https://kawasemochi.jp/

00000000_13



黒蜜ときなこは食べる直前にかけます。さすがはお餅屋さんのお餅。
やわらかいのに、さくさくした歯応え。午前中に売り切れてしまうのも納得です。
ロケットさん:きなこの香りがすごい!!!

2021年8月16日 (月)

8月 後編 「オーベルジュで夏やすみ」

00000000



ちょっと遅めの夏休み。
今回は、「スローライフ」がテーマの オーベルジュ フジイ フェルミエを訪ねます。

https://auberge-fujii-fermier.com/

00000000_2



慌ただしい毎日から脱出して、スローな暮らしを、
ほんの少し、体験させていただきます。
まずは、肥料も農薬も使わず、草刈りもしないという「自然農法」の畑へ。

00000000_3



やよい:いつものトマトとちがう!
この自然農法を体験して学べる「塾」も開催しています。

いつでも体験は可能なので、ぜひ、問い合わせてみてくださいね。

00000000_4



ここには、牧場もあるんです。かわいいヤギが4頭暮らしています。
希望すれば、散歩もOK。

00000000_5



黒い顔がかわいい羊の世話もできます。

00000000_6



オーベルジュのすぐとなりにある、カフェ「オハナ」。

体に優しいランチがいただけると、リピーターが続出中だそうですよ。

00000000_7


  酵素玄米おむすびリングの健康ランチ 700円
手軽さではなく、手間をいただく。

偏った食生活をリセットしたい方にもおすすめです。


00000000_8



宿泊は、1日1組限定です。
お食事は、愛情込めた野菜を使った、シンプル・フレンチ。

今の生活、違った視点からながめてみると、おもわぬ発見がありますよ

00000000_9



残暑厳しいこの季節。熱中症にはまだまだ注意が必要です。
福井県済生会病院 循環器内科の前野孝治先生に、お話をうかがいました。

2021年8月 1日 (日)

8月 前編 「オトナの夏やすみ 大野編」

00000000

大人の夏やすみ。深呼吸してリフレッシュ。さわやかな夏を探しに行きましょう。
夏のお出かけスポットを、大野市からご紹介します。

00000000_2



まずは真名川ダムにやってきました。
高さ127,5メートル。谷間から吹き上げてくる風が心地よいですが、さらに涼しい場所が!?

https://www.kkr.mlit.go.jp/river/dam/managawa.html

00000000_3



実は、ダムの内部を見学することができるんです。(要予約)
エレベータで地下50メートルの深さまで降りて、ダム本体までの通路を歩きます。
ここですでに涼しい!

00000000_4



途中で外に出ることができます。こんな角度からダムが見られるのも、見学者ならではの特権。
まゆたん:どうやって造っだんだろう・・・・。

00000000_5



キャットウオークと言われる外の通路も歩くことができます。水面から60メートル。
すごい・・・の一言です。

00000000_6



さらに40メートルおりると、最終目的地の噴水が。涼しさが、五感に響きます。
とっておきのお散歩コースは、平日なら事前予約で 1名でも見学が可能です。
しかも参加費は無料! ぜひお問い合わせください。

00000000_7



大野でお土産探し。こちらは、創業130年の内田製麺所。
地元の人々から 親しみをこめて「うちや」と呼ばれている 老舗です。

https://uchidaseimen-echizen.com/

00000000_8



看板商品は お蕎麦。うちやの特徴は、大野の在来種の玄そばを 100%使用していること。
小粒で風味がよく、粘りが強いことが 大きな特徴なんですって。

00000000_9



江戸時代中期から続く 老舗の蔵元、真名鶴酒造を訪ねました。

http://www.manaturu.com/

00000000_10



りんごの香りが特徴的な日本酒や、シェリー樽で仕込んだ大吟醸など、
老舗が提案する、新しいカタチの日本酒。
おうち時間の楽しみが、さらにひとつ増えそうですね。

00000000_11



本願清水イトヨの里は、全国でも数ヶ所しかいない淡水型イトヨの生息地。
国の天然記念物に指定されています。

http://www.city.ono.fukui.jp/kosodate/bunka-rekishi/itoyonosato/

00000000_12



館内からもじっくり見ることができるんです。
憩いのスポット イトヨの里で、ほっと一息つきませんか。

2021年7月16日 (金)

7月 後編 「嶺北仏像ツアー 後編」

00000000

嶺北の仏像をめぐってお散歩中。

00000000_2



ご案内いただくのは、朝全国の仏像の調査・研究をしてきたという、
仏像のスペシャリスト藤川明宏さん。

00000000_3



今回は、ご自身が住職をつとめる、朝日観音 福通寺からスタートです。

http://www.asahikannon.com/

00000000_8



正観世音菩薩立像。きらびやかで優しいお顔の観音様です。
(秘仏なので)次回のご開帳は8月10日だそう。

00000000_4



観音様は、人々を救済するために様々な姿に変化されるとか。
こちらは、千手観世音菩薩立像。心がすーっと穏やかになります。

00000000_5



不動明王立像。お顔はこわいけど、人々を救おうとするやさしい仏様なんですって。
いつまでも向かい合いたい気持ちになります。

00000000_6



福通寺の近くにある朝日風月堂。地元で愛される老舗の和菓子屋さんで
夏のお菓子を見つけました。

00000000_7



見た目も涼やか。おもたせにもぴったりのお菓子です。

00000000_9



福通寺から車でおよそ10分。日吉神社にやってきました。でも、なんで神社?

00000000_10



こちらの仏様は、そもそも福通寺にいらしゃったそうですが、
戦国時代の焼き討ちで、神社に避難されたとのこと。

00000000_11



17年に一度の法要で、福通寺に里帰りされるそう。
平安時代の仏像を、地区の人々によって移動させる行事は日本中探しても、ここしかないそうです。

資料写真などは、福通寺のHPに掲載されています。
http://www.asahikannon.com/