« 2016年11月 | メイン | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月16日 (金)

杉箸アカカンバのミネストローネ

12月16日から放送の「とれたて つくりたて」。
今回は、敦賀市杉箸の山口一夫さんが栽培している「杉箸アカカンバ」を提供してくださいました。

講師は、天谷調理製菓専門学校の天谷豪志先生です。
「杉箸アカカンバ」を使った寒い時期にピッタリのメニューになりました。

1

先生の紹介してくれたレシピはこちら。
「杉箸アカカンバのミネストローネ」です。

2

ミネストローネの中に、なんと「アレ」を入れるんです。
詳しくは番組を見てくださいね!


■材料(4人分)

3

杉箸アカカンバ 1個
杉箸アカカンバの葉 3枚
ベーコン 100g
玉ねぎ 1/4個
にんにく 1/2片
スパゲッティ 20g
トマト缶(あらごし) 200g
水 500ml
固形コンソメ 1個
オリーブオイル 適量
粉チーズ 適量
パセリ 適量


■つくり方

1.杉箸アカカンバは皮を剥き、くし形に切り、さらに半分に切る
  皮は厚めに剥く

4

2.杉箸アカカンバの葉は長さ2cmに切る

5

3.玉ねぎは厚さ約0.5mmに切る

6

4.ベーコンは拍子切り、にんにくはみじん切りにする

7

5.深めの鍋で、オリーブオイルをひき、にんにくと玉ねぎを炒める

8

6.玉ねぎが透き通ってきたら、杉箸アカカンバとベーコンを加えさらに炒める

9

7.杉箸アカカンバの葉を加え、しんなりするまで炒める
  焦げそうな場合はオリーブオイルを加えながら調整する

10

8.トマト缶と水、固形コンソメを入れ、塩こしょうで下味をつける
  杉箸アカカンバに火が通ったらOK

11

9.スパゲッティを約3cmの長さに折りながら加え、火が通るまで煮込む
  お好みで粉チーズとパセリをのせる

12

 
■食材提供
山口一夫さん

食材名:杉箸アカカンバ
住所:敦賀市杉箸84-3

次回の「とれたて つくりたて」は、1月1日更新。
3種類の「ニンジン」を使った料理に挑戦します。

2016年12月 1日 (木)

越前みずなのチヂミ

12月1日から放送の「とれたて つくりたて」。
今回は、福井市大瀬町の石森正隆さんが栽培している「越前みずな」を提供してくださいました。

講師は、天谷調理製菓専門学校の天谷豪志先生です。
どんな料理にも合う「越前みずな」を使った変わったメニューになりました。

1

先生の紹介してくれたレシピはこちら。
「越前みずなのチヂミ」です。

2

韓国のりを入れることで下味もつけちゃいますよ~!
外はパリパリ、中はもちもちでとっても美味しかったです。


■材料(4人分)

3

越前みずな 1束
韓国のり(小) 6枚
薄力粉 50g
片栗粉 30g
卵 1個
水 100ml
ごま油 適量

ポン酢 適量
ラー油 適量


■つくり方

1.越前みずなは長さ1cmに切る
  大きさを揃えて切ると良い

4

2.卵を入れて溶きほぐし、薄力粉、片栗粉を加え、軽く混ぜる
  卵は切るように溶きほぐすと良い

5

3.水を数回に分けて加えながら、均一な状態になるまで混ぜる
  玉ができた場合はザルなどで漉しておく

6

4.越前みずなと韓国のりを加え、数回混ぜ合わせる
  のりは手で割りながら加える

7

5.フライパンにごま油をひき、薄く広げ、焼き色がつくまで焼く
  油が少ない場合は足すと良い(たっぷりめの方が良い)

8

6.裏面も焼き色がつくまで焼く
  焼けたら約5cm四方に切る
  お好みで、ポン酢にラー油を合わせた「たれ」をつけて召し上がれ

9

 
■食材提供
石森正隆さん

食材名:越前みずな
住所:福井市大瀬町

次回の「とれたて つくりたて」は、12月16日更新。
「杉箸アカカンバのミネストローネ」に挑戦します。