« 2017年3月 | メイン | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月17日 (月)

アイガモの卵の洋風茶碗蒸し

4月16日から放送の「とれたて つくりたて」。
今回は、福井市堂島町のさかい農園セラピーが栽培している「アイガモの卵」を提供してくださいました。

講師は、天谷調理製菓専門学校の天谷豪志先生です。
今回は簡単で美味しいレシピ紹介してくれましたよ。

1

先生の紹介してくれたレシピはこちら。
「アイガモの卵の洋風茶碗蒸し」です。

2

アイガモの卵は通常の卵と比較すると、黄身が大きくて新鮮で濃厚な仕上がり。
この卵を使って今回は茶碗蒸しに挑戦!どんな味に仕上がるのかお楽しみに。


■材料(2人分)

3

全卵(アイガモ) 2個分
ソーセージ 2本
ミニトマト 3個
ブロッコリー 3房
ミックスベジタブル 50g
シュレッドチーズ 30g
お湯 300ml
コンソメキューブ 1個
塩・こしょう 適量


■つくり方

1.ミニトマトはへたを取り、半分に切る
お弁当の材料の残りでできる茶碗蒸しになっている                             

4

2.ブロッコリーは下茹でして、食べやすい大きさに切る
 冷凍の場合は解凍したものを使う

5_2

3.ソーセージは幅1cmに切る

10

4.全卵をときほぐし、コンソメと塩、こしょうを加えかるく混ぜる
 液体が熱い場合は、冷ましておく

6_2

5.なめらかにするため、ザルで漉す

7
6.切った具材とミックスベジタブル、シュレッドチーズを入れる

8
7.水をはったフライパンに並べ、蓋をして約10分間蒸す

9

     
■食材提供
さかい農園セラピーさん
食材名:アイガモの卵
圃場:福井市堂島町9-8-1
販売:野菜はAコープみゆき店、喜ね舎愛菜館など、卵は直接販売のみ

次回の「とれたて つくりたて」は、5月1日更新。
「越前白茎ごぼう」を使った料理に挑戦します。

2017年4月 1日 (土)

豚バラ肉と春菊の生姜炒め

4月1日から放送の「とれたて つくりたて」。
今回は、あわら市の井畑敦子さんが栽培している「春菊」を提供してくださいました。

講師は、天谷調理製菓専門学校の天谷豪志先生です。
今回は簡単で美味しいレシピ紹介してくれましたよ。

1

先生の紹介してくれたレシピはこちら。
「豚バラ肉と春菊の生姜炒め」です。

2

生姜焼きをロースではなく、豚バラで料理するってところが斬新!
春菊のほろ苦さとタレが絶妙の組み合わせです。


■材料(2人分)

3

春菊 100g
豚バラ肉 200g
長ねぎ 50g
濃口醤油 大さじ2
酒 大さじ2
みりん 大さじ2
おろし生姜 大さじ1
サラダ油 適量


■つくり方

1.春菊は長さ3cmに切り、葉と茎に分ける
 混ぜないで葉と茎を分けておく

4

2.長ねぎは斜めに薄切りにする

5

3.豚バラ肉は長さ6cmに切る

6

4.フライパンにサラダ油をひき、豚バラ肉を火が通るまで炒める
 ある程度火が通ったらOK

7

5.春菊の茎と長ねぎを加え、しんなりするまで炒める
 春菊の葉は苦味の原因になるので後で加える

8

6.濃口醤油、酒、みりん、おろし生姜、春菊の葉を加え、かるく炒める

9

     
■食材提供
井畑敦子さん
食材名:春菊
圃場:あわら市井江葭50-8(ふくい園芸カレッジ)
販売:八百五商店、イーザなど

次回の「とれたて つくりたて」は、4月16日更新。
「アイガモの卵」を使った料理に挑戦します。