« 2017年11月 | メイン | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月17日 (日)

豚バラ肉のロール白菜

12月16日から放送の「とれたて つくりたて」。
今回は、アグリカルチャーほんだが「白菜」を提供してくださいました。

講師は、天谷調理製菓専門学校の天谷豪志先生です。

1
先生の紹介してくれたレシピはこちら。
「豚バラ肉のロール白菜」です。

2
白菜を使った鍋をコンパクトに巻いたレシピになっています。
食べたことのある馴染み深い安定の美味しさです。


■材料(2人分)

3
白菜 5枚
豚バラ肉(スライス) 10枚
ネギ 1本
水 1ℓ
だしの素 8g
濃口醤油 大さじ1
酒 大さじ1
塩コショウ 適量
柚子胡椒 適量


■つくり方

1.白菜を1枚ずつ剥がしていく

4
2.柔らかくなるまで茹でる
 電子レンジの場合だと6分

5
3.ネギは長さ5cmの千切りにする

6
4.白菜は水気を切る

7
5.白菜の根元の部分が汚れている場合は切って、芯に切り込みを入れる

8
6.豚バラ肉を白菜に2枚ずつのせ、塩コショウで下味をつける

9
7.ネギを手前にのせて巻き、形を整える

10
8.水とだしの素を入れ、一煮立ちさせる

11
9.ロール白菜を並べ、酒と濃口醤油を加える

12
10.蓋をして約10分、肉に火が通るまで煮込めば完成
 薬味として柚子胡椒がオススメ

13




■食材提供

14
提供:アグリカルチャーほんだ
食材:白菜

次回の「とれたて つくりたて」は、1月1日更新。
「ほうれん草」を使った料理に挑戦します。

2017年12月 1日 (金)

越前セイコガニのリゾット

12月1日から放送の「とれたて つくりたて」。
今回は、福井県漁連三国支所が「越前セイコガニ」を提供してくださいました。

講師は、天谷調理製菓専門学校の天谷豪志先生です。

1
先生の紹介してくれたレシピはこちら。
「越前セイコガニのリゾット」です。

2
セイコガニというと通常はそのまま食べることが多いと思いますが、今回は調理してみました。
最高に贅沢で美味しいリゾットに仕上がりましたよ!


■材料(4人分)

3
米 2合
越前セイコガニ 2杯
玉ねぎ 1/4個
モッツァレラチーズ 50g
白ワイン 100ml
バター 40g
塩こしょう 適量

【越前セイコガニの洋風出汁】1.5リットル分

越前セイコガニの殻 2杯分
玉ねぎ 1/2個
バター 20g
オリーブオイル 適量
ブランデー 大さじ2
白ワイン 100ml
トマトペースト 大さじ2
黒こしょう(粒) 少々
ローリエ 少々
タイム 少々
水 2リットル


■つくり方

1.越前セイコガニを殻と外子、内子、身に分ける

4
2.バターを入れ、切った玉ねぎ1/2個をしんなりするまで炒める

5
3.カニの殻をくわえ、さらに炒める
 焦げそうな場合はオリーブオイルを加える

6
4.香り付けのブランデー、白ワインを加え、アルコールを飛ばす

7
5.水、トマトペースト、黒こしょう(粒)、ローリエ、タイムを加える

8
6.玉ねぎをみじん切りにする

9
7.アクを取りながら約1時間煮込み、漉してから再び温めておく

10
8.バターを入れ、みじん切りにした玉ねぎを透き通るまで炒める

11
9.米を加え、熱くなるまでさらに炒める

12
10.香り付けに白ワインを加え、アルコールを飛ばす

13
11.出汁を米が浸るぐらいに加え、混ぜながら煮込む
 出汁が少なくなったら加えて煮込むのを繰り返す

14
12.塩こしょう、カニの外子、内子、バター、モッツァレラチーズを加える
 米に少し芯が残るまで火を通す

15
13.よく混ぜてカニの身を盛り付ければ完成

16 



■食材提供

17
提供:福井県漁連三国支所
食材:越前セイコガニ

次回の「とれたて つくりたて」は、12月16日更新。
「白菜」を使った料理に挑戦します。