2019年1月16日 (水)

小松菜の茶碗蒸し 中華あんかけ

1月16日から放送の「とれたて つくりたて」。
今回は、小嶋正雄さんが「小松菜」を提供してくださいました。

講師は、天谷調理製菓専門学校の竹内義優先生です。

1
先生の紹介してくれたレシピはこちら。
「小松菜の茶碗蒸し 中華あんかけ」です。

2
中国では茶碗蒸しがメイン料理もあるそうで、大きい器に盛ってもらいました!
小松菜と茶碗蒸しの組み合わせに甘いあんがかかることによって最高に美味しく仕上がりました。


■材料(2人分)

3
小松菜 300g
卵 3個
塩 小さじ1
薄口醤油 小さじ1
中華だし 小さじ1
水 450cc
醤油 大さじ1
砂糖 小さじ1
オイスターソース 小さじ1
スープ 120cc
水溶き片栗粉 少量
海老、椎茸、麩など 適量


■つくり方

1.水(450cc)に中華だし(小さじ1)を入れて火にかける

4
2.沸騰したら粗熱を取る

5
3.水洗いした小松菜はサッと火にかける

6
4.小松菜を取り出して氷水で冷やす

7
5.卵、粗熱を取った出汁、塩、薄口醤油を入れて混ぜる

8
6.一度漉し器や茶漉しなどで漉す

9
7.小松菜をよく絞り一口大に切り、茶碗に詰めて卵液を流す

10
8.蒸し器に入れて蓋をし、6~7分蒸す

11
9.水(120cc)と中華だし(小さじ1)砂糖、醤油、オイスターソースを入れて味を調える

12
10.水溶き片栗粉でとろみをつける

13
11.蒸しあがった茶碗蒸しにあんをかけてお好みの具材をのせる

14





■食材提供

15
提供:小嶋正雄さん
食材:小松菜
住所:坂井市春江町

次回の「とれたて つくりたて」は、2月1日更新。
「ロマネスコ」を使った料理に挑戦します。

2019年1月 1日 (火)

きゃろふくと牛肉の中華風きんぴら

1月1日から放送の「とれたて つくりたて」。
今回は、清水江梨華さんが「きゃろふく」を提供してくださいました。

講師は、天谷調理製菓専門学校の竹内義優先生です。

1
先生の紹介してくれたレシピはこちら。
「きゃろふくと牛肉の中華風きんぴら」です。

2
きんぴらを中華にするとこうなります!
ついついご飯が欲しくなるピリ辛レシピです。


■材料(2人分)

3
牛もも肉 300g
きゃろふく 1本
セロリ 100g
生姜 少量
白ネギ 少量
豆板醤 大さじ1
甜麺醤 大さじ3
醤油 大さじ2
砂糖 大さじ1
酢 小さじ1


■つくり方

1.きゃろふくは皮を剥き3cmの千切りにする

4
2.セロリも皮を剥き3cmの千切りにする

5
3.牛肉も他の野菜と同じく3cmの千切りにする

6
4.鍋に油を引き、牛肉を炒める

7
5.豆板醤、甜麺醤を入れてさらに炒める

8
6.きゃろふく、セロリを入れて炒める

9
7.醤油と酒を入れる

10
8.みじん切りにしたネギと生姜を加えて炒めれば完成

11


■食材提供

12
提供:清水江梨華さん
食材:きゃろふく
住所:福井市佐野町

次回の「とれたて つくりたて」は、1月16日更新。
「小松菜」を使った料理に挑戦します。

2018年12月16日 (日)

ジャガイモとインゲン豆のサブジ

12月16日から放送の「とれたて つくりたて」。
今回は、高崎麻梨子さんが「ジャガイモ」と「インゲン豆」を提供してくださいました。

講師は、天谷調理製菓専門学校の天谷豪志先生です。

1
先生の紹介してくれたレシピはこちら。
「ジャガイモとインゲン豆のサブジ」です。

2
ジャガイモとインゲン豆の組み合わせが最高です。
カレー風味のクミンシードがアクセントになっています。


■材料(2人分)

3
インゲン豆 20本
ジャガイモ 2個
トマト 1/2個
タマネギ 1/4個
クミンシード 小さじ1
カレー粉 小さじ2
塩 適量
サラダ油 適量


■つくり方

1.インゲン豆は両端を取り除き、半分に切る

4
2.ジャガイモは皮を剥く

5
3.スライサーで千切りにして、10分ほど水にさらす

6
4.タマネギは薄切り、トマトは1cmの角切りにする

7
5.フライパンにサラダ油をひく

8
6.クミンシードとタマネギを入れてしんなりするまで炒める

9
7.インゲン豆を加えて色がつくまで炒める

10
8.ジャガイモを入れて塩コショウで味付けする

11
9.トマトとカレー粉を加えて蓋をする

12
10.食材全体に火が通るまで蒸し焼きにすれば完成

13





■食材提供

14
提供:高崎麻梨子さん
食材:ジャガイモ、インゲン豆
住所:坂井市春江町高江
電話:090-6275-6075

次回の「とれたて つくりたて」は、1月1日更新。
「きゃろふく」を使った料理に挑戦します。

2018年12月 3日 (月)

ピーナッツバターバナナサンド

12月1日から放送の「とれたて つくりたて」。
今回は、JA福井市南部女性部落花生部会が「落花生」を提供してくださいました。

講師は、天谷調理製菓専門学校の天谷豪志先生です。

1
先生の紹介してくれたレシピはこちら。
「ピーナッツバターバナナサンド」です。

2 
ピーナッツバターを手作りするとこんなに美味しいんです!
パンに塗るとまた最高なんですよ。


■材料(150ml分)

3
落花生 200g
メープルシロップ 大さじ1
バター 10g
塩 少々
食パン 2枚
バナナ 1本


■つくり方

1.落花生の殻を割り、中身を取り出す

4
2.焼き色がつくまでフライパンで乾煎りする

5
3.火を止めてそのまま冷まし、手で薄皮を剥く

6
4.フードプロセッサーでペースト状にする

7
5.メープルシロップとバター、塩を加え、全体が均一になるまで混ぜる

8
6.焼いた食パンにピーナッツバターとバナナを挟んで完成

9


■食材提供

10
提供:JA福井市南部女性部落花生部会
食材:落花生
住所:福井市大土呂町2-6
電話:0776-38-3580(もぎたて館)

次回の「とれたて つくりたて」は、12月16日更新。
「ジャガイモ」と「インゲン豆」を使った料理に挑戦します。

2018年11月16日 (金)

谷田部ねぎてんこもり!白身魚の蒸し物

11月16日から放送の「とれたて つくりたて」。
今回は、谷田部ねぎ生産組合が「谷田部ねぎ」を提供してくださいました。

講師は、天谷調理製菓専門学校の竹内義優先生です。

1
先生の紹介してくれたレシピはこちら。
「谷田部ねぎてんこもり!白身魚の蒸し物」です。

2
先生が直伝してくださったソースが絶品!
ネギもシャッキシャキでお店の味そのものです。


■材料(2人分)

3
谷田部ねぎ 2本
ススキ フィレ 2切れ
生姜 少量
赤ピーマン 少量
トマト(飾り用) 半分
醤油 80g
溜まり醤油 60g
塩 5g
コショウ 少々
カキソース 75g
調理酒 30g
水 300g
砂糖 10g



■つくり方

1.谷田部ねぎは千切りにする

4
2.生姜は細切りにする

5
3.赤ピーマンを千切りにする

6
4.谷田部ねぎ、生姜、赤ピーマンは水に浸しておく

7
5.しばらく浸したら水気を切る

8
6.スズキは三枚おろしにして軽く洗い水を切ったら、骨と皮を取る

9
7.スズキに塩コショウ、酒を振る

10
8.水、塩、砂糖、酒、濃口醤油、溜まり醤油、オイスターソースを混ぜる

11
9.ソースが沸騰したら取り出して冷ましておく

12
10.熱したごま油を谷田部ねぎ、生姜、赤ピーマンにかける

13
11.蒸し器でスズキを8分蒸す

14
12.蒸しあがったら盛り付けをし、ソースをかけて完成 

15


 


■食材提供

16
提供:谷田部ねぎ生産組合
食材:谷田部ねぎ
住所:小浜市谷田部
電話:0770-52-3970

次回の「とれたて つくりたて」は、12月1日更新。
「落花生」を使った料理に挑戦します。

2018年11月 1日 (木)

五位山納豆のピリ辛レタスチャーハン

11月1日から放送の「とれたて つくりたて」。
今回は、農事組合法人 三留生産組合が「五位山納豆」を提供してくださいました。

講師は、天谷調理製菓専門学校の竹内義優先生です。

1
先生の紹介してくれたレシピはこちら。
「五位山納豆のピリ辛レタスチャーハン」です。

2
大粒の納豆がチャーハンに絡んでとっても美味しい料理に!
レタスのシャキシャキ感とも相性が良いです。


■材料(2人分)

3
五位山納豆 1パック
ご飯 180g
卵 1個
白ネギ 少々
レタス 2枚
塩 2つまみ(調整)
コショウ 少々
醤油 小さじ1
中華だし 少々
豆板醤 小さじ2



■つくり方

1.白ネギはみじん切りにする

4
2.水につけておいたレタスは一口大に手でちぎり水切りをする

5
3.納豆に付属のタレ、カラシを入れて混ぜる

6
4.豆板醤を入れて混ぜる

7
5.卵を溶いておく

8
6.油を引いたフライパンに卵とご飯を入れて炒める
 ご飯は温かい方がパラパラになりやすい

9
7.ほぐしながら塩コショウ、中華だしで味を調える

10
8.納豆を入れて軽く炒める

11
9.醤油を入れて香りを出す

12
10.白ネギとレタスを入れて軽く混ぜれば完成

13

  


■食材提供

14
提供:農事組合法人 三留生産組合
食材:五位山納豆
住所:福井市三留町71-1-1
電話:0776-98-2828

次回の「とれたて つくりたて」は、11月16日更新。
「谷田部ねぎ」を使った料理に挑戦します。

2018年10月18日 (木)

はちみつとカマンベールチーズのスキレットピザ

10月16日から放送の「とれたて つくりたて」。
今回は、大沼養蜂園が「はちみつ」を提供してくださいました。

講師は、天谷調理製菓専門学校の天谷豪志先生です。

1
先生の紹介してくれたレシピはこちら。
「はちみつとカマンベールチーズのスキレットピザ」です。

2
いつも食べているピザとは一味違う絶品料理です!
はちみつを生地にも練りこんでいて、上からもかけるという贅沢なピザです。


■材料(4人分)

3
強力粉 150g
水 90g
はちみつ 小さじ1
塩 小さじ1
ドライイースト 3g
カマンベールチーズ 1個(90g)
ブルーチーズ 10g
ミックスナッツ 20g
黒コショウ 適量
オリーブオイル 適量
はちみつ 適量 


■つくり方

1.ボウルに材料(強力粉、水、はちみつ、塩、ドライイースト)を入れ、フォークで混ぜる

4
2.水気がなくなったら、1つにまとまるまで手でこねる

5
3.ボウルから取り出し、台の上で表面がなめらかになるまでこねる

6
4.めん棒を使ってスキレットにおさまる大きさに丸く広げる

7_2


5.オリーブオイルをぬり生地を広げ、約20分常温で発酵させる

8
6.カマンベールチーズは8等分に切る

9
7.ミックスナッツは袋に入れて、細かく砕く

10
8.生地のガス抜き、カマンベールチーズとブルーチーズ、ナッツをのせる

11
9.オリーブオイルと黒コショウをかける

12
10.蓋をして底に焼き色がつくまでコンロで弱火にかける

13
11.蓋をしたまま魚焼きグリルに移し、生地に火が通るまで加熱する

14
12.蓋を外し、チーズと生地の表面に焼き色がつくまで加熱する

15
13.仕上げにはちみつをかける

16   


■食材提供

11
提供:大沼養蜂園
食材:はちみつ
住所:坂井市三国町宿3丁目7-20(はちみつ屋)
電話:0776-82-2098

次回の「とれたて つくりたて」は、11月1日更新。
「五位山納豆」を使った料理に挑戦します。

2018年10月 3日 (水)

銀杏とキノコのバター醤油炒め

10月1日から放送の「とれたて つくりたて」。
今回は、越前銀杏生産組合コーワ株式会社が「銀杏」を提供してくださいました。

講師は、天谷調理製菓専門学校の天谷豪志先生です。

1

先生の紹介してくれたレシピはこちら。
「銀杏とキノコのバター醤油炒め」です。

2
銀杏にバター醤油との組み合わせは最高です。
最後にバターを乗せるのがポイントだそうですよ!


■材料(4人分)

3
銀杏 20個
エリンギ 150g
まいたけ 50g
にんにく(チューブ) 少々
塩 適量
醤油 小さじ2
酒 大さじ1
バター 20g
サラダ油 適量


■つくり方

1.銀杏の殻を割り、中身を取り出す

4
2.約5分水につけたら薄皮を剥く

5
3.エリンギとまいたけは手で食べやすい大きさに裂く

6
4.サラダ油をひき、銀杏と塩を加え、色が変わるまで強火で炒める

7
5.エリンギとまいたけ、にんにくを加え、しんなりするまで炒める

8
6.弱火にし、酒と醤油、バターを加え、バターが溶けるまで炒める

9
7.手早く混ぜる

10

  


■食材提供

11
提供:越前銀杏生産組合コーワ株式会社
食材:銀杏
住所:吉田郡永平寺町松岡室25-2-1
電話:0776-61-3388

次回の「とれたて つくりたて」は、10月16日更新。
「はちみつ」を使った料理に挑戦します。

2018年9月16日 (日)

福地鶏のとろーり天津飯

9月16日から放送の「とれたて つくりたて」。
今回は、有限会社 黒川産業が「福地鶏の卵」を提供してくださいました。

講師は、天谷調理製菓専門学校の竹内義優先生です。

1
先生の紹介してくれたレシピはこちら。
「福地鶏のとろーり天津飯」です。

2
こんな天津飯食べたことない!ってくらい卵が分厚くてとっても美味しかったです。
塩コショウで味付けしてある天津飯作ってみてください。


■材料(2人分)

3
福地鶏の卵 3個
カニ身 30g
生しいたけ 2個
ネギ 半分
生姜 少量
大葉 2枚
塩コショウ、中華だし 各少量
ご飯 300g

【タレ】
卵白 卵1個分
水 400cc
生クリーム 少々
水溶き片栗粉 少々
塩コショウ、中華だし 各少々


■つくり方

1.すべての材料を千切りにする

4
2.鍋で切った材料とカニ身を炒めて粗熱をとる

5
3.ボールに卵を割る

6
4.塩コショウ、中華だしで味付けをし、材料を入れてよく混ぜる

7
5.油をひき、材料を入れて強火でゆっくり混ぜながら丸くする

8
6.両面を中火にして焼いて、余分な油をとる

9
7.卵白に生クリームを入れて混ぜる

10
8.鍋に水を入れて沸騰させ、塩コショウ、中華だしで味付けをする

11
9.水溶き片栗粉を入れ、卵白を注ぎ混ぜる

12
10.ご飯を盛った上に卵を乗せ、タレをかけて完成

13

  


■食材提供

14_2
提供:有限会社 黒川産業
食材:福地鶏の卵
住所:あわら市北潟129-1
電話:0776-79-1505

次回の「とれたて つくりたて」は、10月1日更新。
「銀杏」を使った料理に挑戦します。

2018年9月 1日 (土)

まるごとブドウのプリン

9月1日から放送の「とれたて つくりたて」。
今回は、NPO法人 ピアファームが「ピオーネ」を提供してくださいました。

講師は、天谷調理製菓専門学校の竹内義優先生です。

1
先生の紹介してくれたレシピはこちら。
「まるごとブドウのプリン」です。

2
ブドウの食感を残しつつも甘くて美味しいスイーツに仕上がっています。
手軽に作られるのでぜひ皆さんも作ってみてくださいね。


■材料(8人分)

3
ブドウ(ピオーネ) 200g
生クリーム 70g
砂糖 50g
水 150cc
粉寒天 4g
砂糖 20g

【マンゴープリン】
マンゴー缶 1缶
水 100cc
牛乳 100cc
生クリーム 50cc
ゼラチン 10g
砂糖 50g


■つくり方

1.ブドウの皮を剥く

4
2.剥いた皮と水、砂糖(20g)を入れて煮詰めていく

5
3.ブドウの皮を煮詰めたエキスを漉す

6
4.飾りつけ用に少しだけ残しておく

7
5.寒天と砂糖(50g)を入れて混ぜながら煮詰めて粗熱を取る

8
6.皮を剥いたブドウを漉す

9
7.ブドウを刻む

10
8.生クリームを七分目に泡立てる
 完全に泡立てないこと

11
9.刻んだブドウを泡立てた生クリームに入れてよく混ぜる

12
10.この中にブドウのエキスを入れ混ぜる

13
11.マンゴープリンの上に飾りのブドウを置き、カップに注ぐ
 冷蔵庫で冷やせば完成

14


■食材提供

15
提供:NPO法人 ピアファーム
食材:ピオーネ
住所:あわら市波松68-87-2(観光ぶどう園「あわらベルジェ」)
電話:0776-77-1707

次回の「とれたて つくりたて」は、9月16日更新。
「福地鶏の卵」を使った料理に挑戦します。